天然歯の感覚がよみがえる ~インプラント~

歯を失ってしまったときの治療として、近年とても注目されているものに、インプラント治療があります。

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に、チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に被せ物を被せて歯の機能を回復する治療です。チタンは生体親和性が高く、しっかりと顎の骨と結合することで、自分の歯のような咬み心地がよみがえります。また被せ物にはセラミック、セラミックスハイブリッド、ゴールドを使用するため、残っている周りの歯に合わせた自然な白さを再現できます。

残っている自分の歯を削らずに済むうえに、治療した歯がどれかわからないほどの咬み心地と見た目を回復できるインプラント。失った歯を補う治療として、優れた治療といえるでしょう。

谷﨑歯科クリニックのインプラント

当院では、日本人の患者向けに、現場に従事する 日本の臨床医が生み出した、純国産のインプラントシステムを採用しています。シンプルなつくりで、治療結果が良好といった特徴があります。また、歯科用CTを院内に完備しておりますので、精密なデータ採取にお手間を取らせません。
ほかにも手術の際には、局所麻酔だけでなく、ご希望によっては笑気麻酔(※)を使用することもできます。
※笑気ガスを吸引することで、リラックスした状態になります。

インプラント治療のこと、また手術のことなど、気になる点はお気軽に当院におたずねください。

  • ページ上部へ戻る

保険診療にも自由診療にも対応 ~入れ歯~

歯を失った際の治療として、もっともポピュラーなのが入れ歯。部 分入れ歯または総入れ歯、歯を失った本数に合わせてつくることができます。

入れ歯は、素材や構造によっては保険診療が可能なため、比較的身近な治療といえるでしょう。しかし、使用する素材や構造の制限により最低限の機能の回復しか望めないため、フィット感や見た目などにこだわりたい方には、自由診療の入れ歯がおすすめです。当院では、患者様の口腔内の状態とご希望をふまえ、一人ひとりに適した入れ歯をご提案しています。

保険診療の入れ歯と自由診療の入れ歯

保険診療の入れ歯 自由診療の入れ歯
素材
  • レジン(歯科用プラスチック)にかぎられる
  • チタンなどのさまざまな金属や審美性・機能性に富んだ素材など、使用できる素材の選択肢が多い
装着感
  • 違和感が生じることがある
  • 歯肉にあたる部分(床)を薄くすることができるなど、違和感の少ないものがつくれる
食事
  • 硬い物が咬みにくい、食べ物の温度が感じにくいなどの支障が出ることがある
  • 食べ物の温度を感じやすく、よりフィットしたものが追求できることで食事を楽しめる
審美性
  • 歯や歯肉の色は追求できない
  • 部分入れ歯のバネが目立ちやすい
  • 自分の歯に近い見た目を再現できる
  • バネがないものもある

谷﨑歯科クリニックの入れ歯

ノンクラスプデンチャー(スマートデンチャー)

部分入れ歯をひっかけるバネ(クラスプ)のない入れ歯。歯肉の色を再現したやわらかい素材で固定するため、装着時の違和感も少なく、目立ちません。

マグネットデンチャー

強力な磁石を使って固定する入れ歯。すべての歯を失った場合には、インプラントと組み合わせて総入れ歯を固定することもできます。

シリコンデンチャー

床部分にシリコンを使用した入れ歯。シリコンは吸着力が強いため外れにくいうえに、歯肉にかかる負担も軽減し、食べ物をしっかりと咬むことができます。

  • ページ上部へ戻る

インプラントと入れ歯の比較

インプラントや入れ歯にも、それぞれメリットとデメリットがあります。何を優先するかを考え、ご自分に適した治療を考えましょう。

インプラント 入れ歯
メリット
  • 装着時の違和感が少ない
  • 本物の歯のような見た目と咬み心地が戻る
  • 歯1本ずつの単独治療となり、周りの健康な歯に負担をかけない
  • 治療期間が短い
  • 外科手術が不要
  • 保険適用の素材を選べば、費用が抑えられる
デメリット
  • 治療期間が長い
  • 外科手術が必要
  • 保険が適用できない
  • 装着時に違和感があることがある
  • 硬い物が咬みにくいことがある
  • 発音に支障をきたすことがある

医療法人清正会 谷﨑歯科クリニック

住所
〒735-0006
広島県安芸郡府中町本町4丁目
5-37 1F
電話番号
082-282-4618

診療時間

アクセス情報はこちら

  • ページ上部へ戻る